link
外部リソースのリンク

version 
2.0
3.2
4.0
5.0
分類(HTML5)
メタデータ・コンテンツ
分類(HTML4)
header要素
機能分類
基礎定義
終了タグ

外部のリソースを参照、利用するための要素。
良く利用するのは、CSSファイルの参照、利用です。
アイコンの表示にも良くされています。
ファイルの所在を表わす href 、関係を示す ref は、ほぼ必須です。

  • *
    【属性】
    • -
      href
      リンク先のURI
      href="style.css"
    • -
      rel
      リンクタイプ
      rel="stylesheet"スタイルシートの参照
      rel="shortcut icon"アイコンの指定
      rel="alternate"RSSの指定
    • -
      media
      メディア記述子
      versionHTML4で新設
    • -
      type
      MEMEタイプ
      versionHTML4で新設
    • -
      hreflang
      言語コード
      versionHTML4で新設
    • -
      charset
      文字エンコーディング
      versionHTML4で新設
    • -
      title
      助言タイトル
      versionHTML4で廃止,HTML5で復活
    • -
      sizes
      アイコンのサイズを指定
      versionHTML5で新設
    • -
      urn
      リンク先の恒久アドレス
      versionHTML3で廃止
  • *
    【例】

    <html>
    <head>
    <title>タイトル</title>
    <link type="text/css" href="style.css" rel="stylesheet" >
    </head>
    <body>
    リンクのある文書
    </body>
    </html>


    スタイルシートの参照、利用
    <link rel="stylesheet" href="default.css" type="text/css">


    アイコンの参照、利用
    <link rel="shortcut icon" href="favicon2.ico" >
    "shortcut icon" は windowsの独自拡張だったが、かなり一般化している。
    規格的には "icon" を使用するのが正統だが少数派だ!


    RSS の利用
    <link rel="alternate" type="application/rss+xml" title="RSSフィード" href="http://xxx.xxx.jp/xxx/feed" >
    IE7 からは、ブラウザが "フィード" を自動検出するようになった。

  • *
    【関連タグ】

    html head body