フォームの個々の要素


  INPUT   TYPE="BUTTON"





 ボタン   INPUT TYPE="BUTTON"
  機能/目的いわゆるボタンです。
設定例<INPUT TYPE="BUTTON" NAME="BUTTON01" VALUE="ボタン">
CGI取得 CGIでは、値はとれません。
このボタンは、SUBMITボタンやRESETボタンと違い、ボタンそのもの機能があるわけではありません。
このボタンは、JavaScript などを利用するときに併用するために利用します。
機能も HTML4.0 から付加されています。
古いブラウザでは、動作しない可能性もあります。NN4.7 では動作しませんでした。

ボタンの上の文字列は、VALUE="OK" のように、属性 VALUE で指定します。
ボタンのサイズは、VALUE="OK" のように、表示する文字によって決まります。

古いブラウザでは、動作しない可能性もあります。動作しない場合は、【例】のボタンが表示されません。

 【例】ボタン表面に表示がない
 <INPUT TYPE="BUTTON" NAME="BUTTON01">
 

 【例】ボタン表面に「テスト」と表示
 <INPUT TYPE="BUTTON" NAME="BUTTON02" VALUE="テスト">
 

 【例】JavaScript の Alert を利用してボップアップ・ウィンドウの表示をする
 <INPUT TYPE="BUTTON" VALUE="押して" onClick='Javascript:alert("協力ありがとう")'>